秘密の庭のお庭番日記。小さな花や虫たち少女をモチーフに絵や人形を制作しています。


by いでぐちみわ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏の終わりに

学生時代にアルバイトしていた喫茶店のママさんが今年の春亡くなり
お盆にお墓参りに行ってきました。
文章にまとめるのに時間がかかってしまいましたが、自分にとって大きな出来事だったので
ちゃんと書き留めておきたいと思い拙いながら書いてみました。

e0277352_21365429.jpg


曙橋にあるデザイン学校に通っていた頃
四谷三丁目の交差点近くの珈琲舎という喫茶店でアルバイトをしていました。
10席程の小さなカウンターと二人掛けのテーブルが二つという小さなお店です。
ストレートコーヒーやバリエーションコーヒーのメニューがたくさんあるコーヒー専門店でした。
お店はママさんとアルバイト二人が交代で働き、お昼の一番忙しい時だけママと二人になりました。

ママの趣味は世界旅行で、ヨーロッパはもちろん、トルコ、モロッコ、アフリカ、アラスカ、南米、まだ平和だった頃のシリア、ヨルダン・・・世界中を旅して回っていて大体は私たちが夏休み中、バイトにお店を任せて旅に出掛けます。

旅行先からは全く知らない世界の香りがする美しい絵葉書が届き
帰ってくるとたくさんのお土産を広げて、バイトから優先に選ばせてくれます。
バイトの次は常連のお客様です。
旅のお話はすごくエキゾチックで、まだ18,9歳の私には夢の中のお伽噺の様に思われました。

北海道出身のママさんは、顔も見た事のなかった旦那様とお見合いで結婚したそうです。
条件は背が高い事、だったそうです。
旦那様は江戸時代から続く老舗の傘屋さんで
今では四谷消防署になっている土地の大部分が、かつてはお店の敷地だったそうです。
ご両親を早くに亡くしたママは、姉妹三人お婆様に育てられたそうです。
お嬢様育ちで頭もよく可愛らしくて男の人に人気のあったママは
気が強くて思った事をズバッと言います。
バイトにもとても厳しい人でした。
特に私はトロくて引っ込み思案で見た目もパッとしなくて
いつも一緒に働いている久美子ちゃんと比べられ何度涙したことか・・・(^^;)
そんなママでしたが、本当に裏表のないさっぱりした人で気前がよくて
たくさんの人から愛されていました。

その後色々あって私は学校を中退してしまい、友達ともほとんど連絡を取ることなく
ここ何年かは毎年1月15日の珈琲舎の開店記念日にお店を訪ねるだけという繋がりでした。

数年前から病気で具合が悪くなってしまったママは
大好きな旅行に行くことも出来ないのよ、と今年のお正月お話されていました。
でもしっかり立って迎えてくれて、持って行ったお花を嬉しそうに受け取って
たくさんお話をしてくれたので、きっとすぐ良くなってまた旅行にだって行ける日が来ますよ
なんて私は話していました。

e0277352_2159918.jpg

3月の終わり頃、突然訃報が届いた時には本当に信じられない気持でいっぱいで
ついこの間笑って話したばかりなのにと、ただただ驚くばかりでした。
その頃の私はこの秘密のお庭に引っ越してきて半年近くが経ち
少しずつ生活は落ち着いてきたものの
がらりと変ってしまった自分の周辺の変化に多分ちょっと疲れてしまったのだと思うのですが
多発性円形脱毛症という病気になってしまっていました。
以前にも何度か円形脱毛症になった事があり、いつも自然と治っていたので
今回も治るものと放っていましたが、去年10月頃頭頂部にできた100円玉大くらいの禿が
がどんどん肥大化して直径10cmくらいになってしまい
年明けから慌てて近所の病院に通い始めました。
治療の甲斐あって少しずつほにょほにょした白髪が生えてきたものの
周辺に他にもたくさんの脱毛部が出てきてしまい
専門の病院に行った方がいいのかもと色々調べているところでした。

そんな状態だった事もあり何となく人と会うのが嫌で
家に引き籠りがちで気持ちも落ち込んでしまい
何だか自分が物凄く孤独で駄目な人間みたいな気持になっていて
恥ずかしいですがお風呂で一人わんわん泣いたりしていました。
本当にその大泣きした翌日か翌々日かに、ママの訃報を聞いたのでした。

お通夜にもお葬式にもたくさんの方がいらして下さいました。
受付をお手伝いさせて頂きましたが、お店の常連様だった方々、学校の先輩、後輩、同級生。
明るくママを送り出してあげようと、みな笑顔を見せてくれました。
でも、涙は溢れてきてしまいます。

みんなで行った旅行の事や、お店の大掃除に集まって
「お店やめる時はこのミルは私のものね!」なんてみんなで言い合って
お目当てのコーヒーミルを一生懸命磨いた事、思い出が次々浮かんできて
それがみんなつい昨日の事のように思えるのでした。

バカな私が世界中にひとりぽっちみたいなんて言って泣いてるもんだから
最期にママがみんなに会わせてくれたように思えてなりませんでした。
つまらない事で落ち込んでないで、何かやらなくてはという衝動にかられてブログを始めたりしました。

e0277352_21483416.jpg

病院にはまだ通っています。
8月からは新しい治療法をする事になりました。
免疫が暴走して自分の毛根を攻撃しているために起こる病気だそうなので
わざとアレルギーを起こさせる物質を塗布する事で免疫を正常に働かせるという方法です。
最初に出来た脱毛部からはすでに短い髪がボウボウと生えはじめ
上から押えてもはみ出してきてしまうため今どうしようか悩み中ですが、
気持ちはすごく強く、前向きで元気です。

お墓には学校の同級生二人と行きましたが、お墓の正確な場所がわからず
事務所で教えてもらったお墓の前で
ホントにここであってるのかな?大丈夫だよね?などと迷いつつもお参りしました。
「まったくあんた達は!」ってママの声が聞こえるねと話していましたが
後日先輩に確認してちゃんと合っていた事が判明。よかった(^^;)
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-28 21:55 | その他 | Comments(0)

花のドレスとなつのにわ

e0277352_2031199.jpg

まだまだ暑い日が続きますね。

7月から始めたアロマサロンでのアルバイトが、今週から本格的に始まり
さらに水、金とguttinoさんが夏休みを取っていたので
この一週間は怒涛の様な日々でした。
これからは水、木、金、の夜と日曜日にアルバイトに行く事になりました。
まだ受けられるメニューが限られているので、早くお仕事覚えていきたいです。
まずは10月までにフェイシャルをマスターする予定です!
疲れてなんかいられませんね!!


今日の午後は久しぶりに国立にある素敵なお洋服屋さん
SERAPHIMさんへhttp://www.k-seraphim.com/index.shtml行って来ました。

美しい花柄のワンピースやコサージュ、
絵本から抜け出てきたかのような可愛らしいグリーナウェイワンピース
どれも素敵で見ているだけでも楽しくなってしまいます。
もう少しアルバイト代がもらえるようになったら、いつか私も着てみたいな。

でも今日のところはSale品の中からアンティークの可愛いベビー服を発掘。
お人形用に出来るかなと思い購入しました。激安でした!!

そして小平市にあるコトリ花店さんへもhttp://www.haljion.com/bouquet/bouquet.htm行って来ました。

hummingbirdさん、un jourさん「なつのにわ」の展示
お店に入った途端、優しい草の香りに包まれて時間の流れ方が変わりました。

そして理夏さんの穏やかな笑顔と声にすっかり甘えて
遅くまでお邪魔してしまいました。


今日の戦利品

e0277352_21105979.jpg


hummingbirdさんのコサージュ、写真ではわかりにくいですが
ハーブで染めた色合いが、とっても優しくてそして良い香りがします。
e0277352_2163514.jpg

[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-25 21:17 | その他 | Comments(2)

雨上がりの街へ

久しぶりに展覧会巡りへと行って来ました。

最初に訪ねたのは新中野にあるギャラリー冬青http://tosei-sha.jp/で開かれている
齋藤亮一さんhttp://www.saitoryoichi.com/の写真展「如是」
e0277352_2352967.jpg


今回の写真は20年前の作品との事で、黒と白のコントラストが際立つ
美しい写真の数々でした。
最近の齋藤さんの人間愛に満ち溢れた涙が出そうになる様な
温かくて優しい写真も大好きですが、
また違った魅力的な展覧会でした。

鏡のように澄み切った湖面に映し出される森の多彩な諧調、
懐に水を抱き銀色に輝く、風に波立つ草原、
暗闇の中から泡立つ白い波の飛沫、
見ていると背筋がピンとしてくるような緊張感のある写真、とても素敵でした。

8月25日(土)までです。
10月には新宿のコニカミノルタプラザギャラリーで
最近の写真の展覧会があるようです。
こちらもとても楽しみ(^^)
e0277352_050117.jpg



次に行ったのは北区にる北井画廊http://www.kitaikikaku.co.jp/で行われている[On oneself]scene2へ

こちらに参加している井村一巴さんhttp://www2.ocn.ne.jp/~kazha/とは前々からの知り合いで
彼女が高校生の時からお付き合いさせて頂いておりますが
最近のどうどうとした作品には、作家として充実しているのだなーと感心するばかりです。

e0277352_051433.jpg


セルフポートレイトに、ひっ掻き傷を付けていき美しい文様を炙り出していく技法
一巴ちゃんの声の様に繊細で切なくなる作品でした。
文様は時に植物のようであったり、銀河のようであったり、雨粒のようであったり
優しく一巴ちゃんを包み込んでいました。

こちらも25日土曜日までです。


その後、神保町のAMULETへ「くりくり#8」http://amulet-blog.cocolog-nifty.com/atelier/へお邪魔しました。
神保町という事でよく確かめもせず元お店のあった場所へ行ってしまったら
別会場での展示で、地図が貼られていました。
こういう時恐ろしく地図の読めない女になってしまう私。
さんざん迷った挙句、もう諦めて帰ろうかと思いつつ原点に戻り
今度は反対方向へ回ってみたところ、辿り着けました。
というか、すごい近くでした・・・トホホ。

みんなすごい可愛い作品ばかりで、疲れも消えホンワカいたしました。

22日水曜日までです。


本当はこの後、bunkamura galleryで行われている「Another」展へ行く予定でしたが
AMULETで迷いすぎて時間が無くなってしまいました(--;)
明日バイトの前に寄ろうと思います・・・。
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-19 00:58 | art | Comments(0)

エスキース

毎年8月になると童画会本展に向けてキャンバスの用意を始めるのが
ここ数年の慣例となっていましたが、今月はいつもにまして出費が嵩み
ちょっとキャンバス購入が難しくなってしまいました(^^;)

仕方ないので珍しくエスキースなど作ってみようと思い立ちました。

いつも(デッサン力の弱さからですが)下絵を描いても
絶対描いてる途中で、違う方向に行ってしまい
結局最後には、最初に思い描いていた物とは全然違ってしまうので
最近ではずっと、下地を塗ったキャンバスにいきなり描き始めるのが
習慣となっていました。

でも違ってしまうのは前提としても、ある程度方向性を定めて置くのが
正しいかな、という理由で今年は下絵を描いてみました。

モデルさん達。
e0277352_2152922.jpg


まず何となく描いてみました・・・。
(しつこいようですが、デッサンには自信がありませんので大目に見てね)
e0277352_21535100.jpg


髪型や表情などを変えてみました。
e0277352_21534782.jpg


本番はFサイズのキャンバスに描くつもりなので、横幅の比率がもっと狭くなるはず。
羽根のある人が3人は、かなり狭い気がしてきた。

e0277352_21593022.jpg

一人にしてみました。

一人ずつを細長い板に描いて観音開きの厨子みたいにしてみたいな
なんて思うけど、絶対間に合いそうもないので、そのうち趣味でやってみよう。
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-11 22:19 | painting | Comments(0)

小さな実り

e0277352_21251293.jpg

ブラックベリーの実がだいぶ色づいてきました。
実が熟すに従って、枝が重く枝垂れて来ました。
もっともっと、深く黒い色になっていくはずです。

先日植えた正体不明の植物
e0277352_21364986.jpg

だいぶ茂ってきましたが、まだ花は咲きません。
ポーチュラカかなー?

秘密のお庭にやって来て、もうすぐ一年が経とうとしています。
この一年あっという間だったような、ものすごく長かったような

去年の今頃はまだ、その頃の勤め先だった病院の事務室で
節電で冷房の効かない中、職場のみんなと「暑いねー」なんて言いながら
一日中パソコンとにらめっこしてた。

更にその前の年は、広くて綺麗な家にお引っ越しして
病院で働く傍ら、自宅でも少しずつアロマトリートメントをしていこうなんて考えてた。


そんな日々が、ものすごく遠い日の事のように感じるのでした。


本当に世の中、一寸先は闇、というか何があるか予測不能ですね・・・。

まあ色々大変な事はあったけど、概ね良好
健康で住む家があって仕事もあるのだもんね。
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-09 21:54 | garden | Comments(0)

高円寺、阿佐ヶ谷散歩

高円寺にある手作り雑貨のお店Too-tickiの奥にある小さなギャラリーへ
立川好江さんhttp://rycroft.jimdo.com/
布人形を見に行ってきました。
(8/5(日)まで)

彫刻の様な不思議なフォルムの人形たち。
可愛くて不思議な世界でした。

久しぶりにお会いした立川さんと、長い事おしゃべりしてしまいました。
いつも変わらずフレンドリーで誰にでも優しく元気づけてくれる立川さん。
今日もたくさん勇気を頂きました。ありがとうございます。

その後は阿佐ヶ谷までブラブラお散歩しました。

20代の初めの頃、一人暮らしをしていた阿佐ヶ谷。
ここは歩きなれた道。

さすがにお店なんかは、新しく変わっているけど
なんというか、空気感が変わってない様な気がする。

駅前でよく飲みに行った元茶屋や、特別な日のご馳走だった地鶏屋さんのバードランドなど
もうなくなってしまったお店も多いけど、ここだけは変わらないヴィオロン

e0277352_2118242.jpg


昔と変わらず、そんなに大サービスしてくれていいの?
というくらいブランデーたっぷり振り注いでくれる珈琲をいただきました。

ここ何年か胃が弱ったのか珈琲を飲むといつも胃痛がするので覚悟して飲んだけど
ヴィオロンのマスターが丁寧に淹れてくれたここの珈琲は
どういう訳か全然大丈夫で、美味しく頂けました。

船の底にいるみたいなヴィオロンの席に落ち着くと
気持ちが落ち着いて穏やかになっていく。
アルバイトしながら小さな劇団で裏方をしていた20代の私
あの時も今も変わらないのはお金が全然ないという事。
でもここで珈琲を頂くというちょっとした贅沢で
いろんな心配や不安から解放されて
この先に素敵な事が待ってるような気持ちになってくるのでした。
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-04 21:37 | その他 | Comments(2)

夏の日々

先週の土曜日ボディトリートメントの練習のため
引っ越ししてきてから初めて我が家にお友達が来る事になりました。
金曜日はその準備のため、デモもお休みして大わらわとなりました。
想像はしていたけどやはり4畳半(団地サイズ)の私の部屋は狭い・・・。
そのうえ前の家ではクローゼットに入っていたハンガーラックやリビングにあった本棚も
その4畳半に入り込んでいるので、トリートメント用のベッドを広げると
もう移動も難しい程のスペースしかありませんでした(^^;)
イーゼルや画材を入れているワゴンなど、移動可能な物は全て外に出したけど
やっぱり、狭いー・・・。

そしてトリートメント用のオイルを買いに吉祥寺まで自転車でお出掛け。
途中、夕暮れ前の井の頭公園で一休み。
e0277352_23135474.jpg


e0277352_2314339.jpg


e0277352_23145886.jpg


e0277352_23153578.jpg


夏の風景って、切なくて泣きたくなる。
なんでだろう。

そしてついに8月の始まり。
今日からバイト本番となりました。
初日は、お店に到着早々新規のお客様が飛び込みで入り
すぐボディー70分の施術をする事になりました。
それが終わると息つく間もなく、フットケア50分のお客様がすでにお待ち。

いろいろ小さな失敗はありましたが、次に生かそうと自分を慰め
怒涛の一日は終了。

あとは8月15日にある、まつ毛パーマの試験まで
練習の日々です。
[PR]
by himitsuno07 | 2012-08-01 23:27 | aromatherapy | Comments(0)