秘密の庭のお庭番日記。小さな花や虫たち少女をモチーフに絵や人形を制作しています。


by いでぐちみわ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:garden( 62 )

薔薇の季節到来

今年の5月は雨が多いですね。
せっかく蕾を付けた薔薇も連続の風雨で痛みがちに。
それでも健気に咲く姿が愛おしいです。

e0277352_23274853.jpg


e0277352_23285243.jpg


e0277352_23291497.jpg


この季節になると、いつも蘇ってくる
美しい思い出の一夜

まだ井の頭公園前のカフェ 宵待草で働きはじめたばかりの頃
夢のように美しいコンサートが催されました。

薔薇に纏わる音楽を奏でるピアノと優しい歌声。

私の人生の中で最も美しい思い出。

e0277352_23333795.jpg

[PR]
by himitsuno07 | 2016-05-15 23:33 | garden | Comments(0)

クリスマスローズ

日陰の花壇でクリスマスローズが咲き始めました。

e0277352_18161434.jpg



下向きの可憐な花が優しげですが、根や茎にに毒があり
学名の「Heleborus」はギリシャ語の「Helenin」(殺す)「Bora」(食べ物)から発生していて
「食べると死ぬ」という意味だそうです。

イエス様の誕生のお祝いに贈るものが何もない貧しい羊飼いの少女マデロンが泣いていると
天使が舞い降りて地面に触れた所からクリスマローズが現れ
マデロンはその花を摘んでイエス様に捧げたという言い伝えがあります。

花言葉は「追憶」「私を忘れないで」「慰め」「私の不安を取り除いて」「中傷」「誹謗」など



桜は蕾が膨らみ始めました。
都内の開花予想は3月下旬頃との事。
もう間もなくですね。

e0277352_18171928.jpg

梅はそろそろ終わりです。
梅一輪一輪ほどの暖かさ(服部嵐雪)

e0277352_18182774.jpg

[PR]
by himitsuno07 | 2015-03-12 18:18 | garden | Comments(0)

薔薇とゼラニウムの剪定

前回のひかりフラワー(→ )の講習会で
夏剪定は9月上旬頃にと言われていたし
日曜日の趣味の園芸でもゼラニウムの剪定は今がベストシーズンとの事だったので
思い切ってバッサリ刈ってみました。

e0277352_21480475.jpg

でも今咲いている子は、もったいなくて切れずそのままです。
e0277352_21513179.jpg
e0277352_21515774.jpg
本当は思い切って切った方がいいんだろうな。
もう少し楽しませてもらったら、切りましょうね。
園芸家にはなれそうもないな。


[PR]
by himitsuno07 | 2014-09-09 21:56 | garden | Comments(0)

ブラッシュ・ノアゼット

e0277352_21132560.jpg
暑さにかまけて、すっかり手入れを怠っていたので
葉っぱが虫食われでレース編みのごとくなってしまいましたが
健気にもポツポツと花を咲かせだしました。
オールドローズのブラッシュ・ノアゼットです。
甘酸っぱい香り。

[PR]
by himitsuno07 | 2014-09-04 21:18 | garden | Comments(0)

七色の紫陽花

おとといコトリさんで貰って本に挟んで帰った紫陽花の花、二輪。

e0277352_22274890.jpg

元はこの写真に写っている紫陽花です。

e0277352_22300929.jpg

思い出の押し花コレクションに加えました。

e0277352_22281246.jpg


[PR]
by himitsuno07 | 2014-08-11 22:35 | garden | Comments(0)
e0277352_23471054.jpg


鬱蒼と葉を茂らせた欅の下でギボウシとインパチェンスが花を付けました。
このギボウシは5,6年前、近所の園芸店で枯れそうになっている苗を100円で買ったもの。
毎年芽を出して綺麗な斑入りの葉を広げていましたが
蕾を付けたのは今年が初めてです。
インパチェンスもこぼれ種からいつの間にか芽を出したらしく
花が咲いて初めて気が付きました。
日陰でひっそりと咲く花達、奥ゆかしい佇まいが愛おしいです。

背中は、すっかり回復した感じです。
念のため痛み止は、まだ飲んでいますが
湿布とリフトバンドは、かぶれてきちゃったのでやめました。

人形作りは、椅子に座ってやる事にしました。
削りかすは床に落ち放題。
今夜はもう遅いので明日掃除機をかけます。

e0277352_23581621.jpg

[PR]
by himitsuno07 | 2014-07-09 00:02 | garden | Comments(0)

アガパンサス

e0277352_21193877.jpg


名前の由来は、ギリシャ語の「アガペー(愛)」と「アントス(花)」が合わさったもの。
花言葉は「愛の花」「愛しい人」「恋の便り」「恋の訪れ」
なんとロマンチックな言葉ばかり。

雨のまにまに咲き始めました。

あまり憶えがないのですが、夕べ何やら身体を強くひねるかしてしまったらしく
朝起きたら背中の左側がひどく痛くて
出そうになったクシャミが、あまりの痛さに引っ込んでしまい
びっくりして病院に行きました。

結果、大したことはないらしいですが肋骨が少々傷ついたのではとの事で
湿布と痛み止薬とリフトバンドなるものを出されました。
どんなに長くても二週間もすれば治るそうです。

肋骨は、強くクシャミをしたり、しなれない運動をしただけでもひびが入る事があるそうです。
以前職場の骨密度検査で、並はずれた値が出てみんなに感心されたこともあり
骨密度には相当な自信を持っていたのですが
やはりお年頃という事でしょうか、骨も弱くなっているのかしら・・・。
最近久方ぶりに人形制作を再開して、長時間無理な姿勢で床に座っていたのも良くなかったかもです。
しかし普段あまりにも健康なもので、突然どこか痛くなったりすると本当に焦ってしまいます。
思うように身体が動かせない辛さが身にしみました。
[PR]
by himitsuno07 | 2014-07-03 21:41 | garden | Comments(0)

紫陽花の耳飾り

e0277352_18562531.jpg


hummingbirdさん(→ )の可憐な紫陽花の花が届きました。

可愛らしい花にアンティークレースが添えられた薄緑色の耳飾りです。
お出掛けが楽しみになりました。

庭の紫陽花も花盛りです。

e0277352_19161581.jpg

[PR]
by himitsuno07 | 2014-06-10 19:18 | garden | Comments(0)

雨の日に

先日の土曜日、あいにくの雨でしたが
ひかりフラワー(→ )の講習会に参加してきました。
今回は薔薇の花後のお手入れについてのお話でした。

もう、すっかり薔薇は終わってしまっていましたが
雨の中植物たちが生き生きと呼吸し香りたっていました。

e0277352_0302116.jpg


e0277352_0305346.jpg


e0277352_0351168.jpg


e0277352_0314724.jpg


雨でしたので、講習会は温室の中での開催でした。

e0277352_0325741.jpg


e0277352_0331926.jpg


温室の屋根を打つ雨音が激しく、そして気持ちよく
不覚にも途中ちょっとウトウト・・・。

でも、とても参考になるお話をたくさん聞く事が出来ました。

e0277352_0312698.jpg


お話の後はshopにてティータイム。
shopには薔薇の苗の他、ハーブや宿根草の鉢植えなど色とりどりの花達がいっぱいでした。


その後、小平のコトリ花店さん(→ )で開催中だったイベント
「夏至祭の花かんむり」にもお邪魔しました。

e0277352_046842.jpg


e0277352_0462845.jpg


e0277352_0465463.jpg


雨の日、植物たちの発する
エナジーをたくさん吸収させてもらいました。
[PR]
by himitsuno07 | 2014-06-10 00:55 | garden | Comments(0)

ホタルブクロ

今年もホタルブクロの花が色づき始めました。

e0277352_18135662.jpg


e0277352_18142738.jpg


e0277352_181535.jpg


ホタルブクロ 蛍袋 火垂袋 燈篭花 提燈花 提燈 袋花 釣鐘草 雨降り花 
花言葉は「正義」「貞節」「愛らしさ」「忠実」

名前の由来は、火垂る(ほたる)”火を垂れ下げる”という意味。提燈のこと。昆虫のホタルは、尾部から発する光が火を提げたように見えるので”ホタル”といわれ後に”蛍”となったそうです。

子供が蛍を捕まえて花の中に入れ遊んだためという説もあります。

梅雨の前、雨の降る頃咲くので、アメフリバナという地方もあるそうです。
[PR]
by himitsuno07 | 2014-05-27 18:37 | garden | Comments(0)